ハイブリッド基金の山形トヨペット

あなたに答えを。NEW PRIUS 月々支払い19,800円でお乗りいただけます。

ハイブリッドの山形トヨペットが取り扱うプリウスのおてがるプランお支払例 ハイブリッドの山形トヨペットが取り扱うプリウスのおてがるプランお支払例

ハイブリッド基金の山形トヨペットが開催する新型プリウス1010(ジュウジュウ)キャンペーン

グレード一覧グレード一覧

JC08モード 燃料消費率(国土交通省審査値)39.0km/L(Eモード) 37.2km/L(その他の2WDグレード) ※E-Fourは34.0lm/L システム最高出力:90kW(122PS) JC08モード 燃料消費率(国土交通省審査値)39.0km/L(Eモード) 37.2km/L(その他の2WDグレード) ※E-Fourは34.0lm/L システム最高出力:90kW(122PS)
新型プリウス価格表

エクステリアエクステリア

あなたに答えを。NEW PRIUS

環境性能のさらなる飛躍を成し遂げる、究極のフォルム。環境性能のさらなる飛躍を成し遂げる、究極のフォルム。

格好良さは、楽しさのはじまり。
いつもの段差も、滑らかな道のように。
先進の溶接技術で、ボディを強化。
全身強化で、気持ちのいい走りを。

インテリアインテリア

新型プリウスの内装

真ん中に”人間中心”という想いを乗せて、細部まで徹底的にこだわりました。真ん中に”人間中心”という想いを乗せて、細部まで徹底的にこだわりました。

新型プリウスのインテリア

安全機能安全機能

プリクラッシュセーフティ ぶつからないをサポート

前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。プリクラッシュブレーキは歩行者に対しては自車が約10~80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が30km/hの場合にはプリクラッシュブレーキにより約30km/h減速し、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動。たとえば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合はプリクラッシュブレーキにより約40km/h減速し、衝突回避または被害軽減をサポートします。

レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付) はみ出さないをサポート

道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせ。さらに電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。

オートマチックハイビーム 夜間の見やすさをサポート

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付) ついていくをサポート

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開します。高速道路の渋滞走行時など、停止・発進を繰り返すシーンで、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。

ボディカラーラインナップボディカラーラインナップ

スーパーホワイトII〈040〉

ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉*1

シルバーメタリック〈1F7〉

スティールブロンドメタリック〈4X1〉

グレーメタリック〈1G3〉

アティチュードブラックマイカ〈218〉

ブルーメタリック〈8X7〉

エモーショナルレッドII〈3U5〉*2

サーモテクトライムグリーン〈6W7〉*3

ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉 ×
幾何学調ルーフフィルム*4

シルバーメタリック〈1F7〉 ×
幾何学調ルーフフィルム*5

スティールブロンドメタリック〈4X1〉 ×
幾何学調ルーフフィルム*5

グレーメタリック〈1G3〉 ×
幾何学調ルーフフィルム*5

ブルーメタリック〈8X7〉 ×
幾何学調ルーフフィルム*5

エモーショナルレッドII〈3U5〉 ×
幾何学調ルーフフィルム*6

コネクティッドサービスコネクティッドサービス

あなたに、「つながる安心」という答えを CONNECTED SERVICE
つながることで生まれる、あなたとクルマの新しい関係。

プリウスは、全車にDCM※1(専用通信機)を標準装備したコネクティッドカーです。クルマとトヨタスマートセンターが通信でつながることで、24時間カーライフをサポートするとともにT-Connectナビの装着で、より充実したサービスがご利用可能です。スマートフォンからナビの目的地設定予約や、運転中でもあなたに代わってオペレーターが好みのお店をお調べするなど、さまざまなサービスをお届けします。

※1.DCM:DATA Communication Module

CAR IS PARTNERCAR IS PARTNER

お店探しはもちろん、目的地の設定もお手伝いします。 T-Connect DCMパッケージ 走行中でも、あなたのリクエストにオペレーターがお応え。

オペレーターサービス

24時間365日、選任のオペレーターに口頭で情報検索や配信を依頼して、T-Connectのさまざまな情報コンテンツが利用できます。

はじめて行く場所でも、頼れる味方が居て安心です。 T-Connect DCMパッケージ ナビに話しかけるだけで、目的地や情報を手軽にスピーディーに検索。

エージェント(音声対話サービス)

ナビに話しかけるだけで、エージェントが音声で応えて目的地や情報の検索をしてくれるサービス。目的地のセットまですべて音声で操作できるので、ドライブ中も快適便利です。

友だちができました。名前はプリウスです。 T-Connect DCMパッケージ T-Connect DCM単体 LINEを介して愛車と会話。出発前に知りたいこと情報などを教えてくれる。

LINEマイカーアカウント

LINEを通じて、ナビの目的地登録※1や天気・距離・所要時間・給油要否・出発時間の確認ができ、クルマの乗車前から出発までを快適にエスコートします。

※1.目的地登録はナビの操作が必要です。T-Connect対応ナビ以外(T-Connect DCM単体)は目的地登録をご利用いただけません。

LINEマイカーアカウントの主なサービス

■画面はイメージです。■”LINE”は、LINE株式会社の商標または登録商標です。

地図情報はもちろん、ドライブの快適さもアップデートできれば幸いです。 T-Connect DCMパッケージ 新しい道路情報で、正確・スムーズなナビゲートを。

マップオンデマンド

新しい道路情報※2をダウンロードしてナビの地図データを3年間無料※3で更新できるサービスです。高速道路などが最短即日で反映されるので、いつでも新しい道路情報で快適なドライブをお楽しみいただけます。

ハイブリッドナビ

目的地設定時には、トヨタスマートセンターで収集するリアルタイムな交通事情と地図データをもとに、最適なルートを探索し、ナビに配信します。また、通信状況等により、ルート探索処理をナビとセンターでハイブリッドに切り替えます。[販売店装着オプションT-Connectナビのみ]

※2.高速・有料道路は最短即日(平均10日程度)で更新します。更新データの収集/整備状況により、配信までに3ヶ月程度かかる場合があります。一般道路はデータ収集/整備後、順次配信します。※3.メーカーオプションナビの場合は初年度登録日、販売店装着オプションナビの場合はナビ購入日をサービス利用開始日とし、サービス利用開始日から3年間ご利用いただけます。また、販売店にて「全更新(最新版地図ソフト〈販売店装着オプションナビは1回のみ無償〉を購入し、すべての地図データを更新)」されると、全更新日から2年間ご利用いただけます。(なお、サービス利用開始日から3年未満で「全更新」された場合のご利用期間はサービス利用開始日から3年間となります。)※4.ハイブリッドナビは、T-Connectご契約の上で、マップオンデマンド有効期限内に限り、ご利用いただけます。

SAFETY&SECURITYSAFETY&SECURITY

愛車のドアロックも、スマホで確認する時代です。 T-Connect DCMパッケージ T-Connect DCM単体 気になるクルマの状況をお知らせ。遠隔でも確認できる。

マイカーSecurity(うっかり通知)

ドアロックやウィンドウの閉め忘れを検知したり、ハザードランプの消し忘れを検知したときに、メールやスマホアプリ★2にお知らせします。

★1.事前にサポートアドレス(電話番号、メールアドレス)の登録が必要です。★2.「My TOYOTA for T-Connect」のダウンロードが必要です。

クルマのピンチにも、慌てずにいられます。 T-Connect DCMパッケージ T-Connect DCM単体 見たことのない警告等にも、対処法をお知らせ。

eケア(走行アドバイス)

警告灯が点灯すると、ナビ画面よりeケアコールセンターに接続し、走行を継続できるかの判断など、適切なアドバイスが受けられます。eケアコールセンターでの応対内容は、販売店★4(リモートメンテナンス店)にも連絡され、サービス入庫をご案内させていただく場合があります。また、eケアコールセンターは24時間365日、販売店の営業時間外でも適切なアドバイスを行います。

★3.車両にOBD(On-Board Diagnostics)ll通信を行う機器を接続している場合、正しくサービスが行えない場合があります。★4.サービスのご利用にはリモートメンテナンス店の登録が必要です。また、利用開始操作の翌日よりご利用いただけます。詳しくは販売店におたずねください。■お客様が走行中に、販売店からお電話させていただく場合がございます。安全のため携帯電話のハンズフリー通話の設定をお願いいたします。ハンズフリー通話等をご利用になる場合の動作確認端末については、T-Connectサイト(https://toyota.jp/tconnectservice/)をご確認ください。■運転中の場合は、安全な場所にクルマを停止してから、販売店またはeケアコールセンターへ通話、接続いただくようお願いいたします。■販売店からのご連絡はすべての警告等点灯時に実施するものではありません。走行に支障が出る可能性が高いものに限ります。

運転中の急病や事故に、いち早く対応してくれます。 T-Connect DCMパッケージ T-Connect DCM単体 ドライバーの緊急事態に備えて専門オペレーターがスタンバイ。

ヘルプネット(エアバッグ連動タイプ)

突然の事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。自分がどこにいるのか、正確に伝えるのが難しい緊急事態でもボタンを押すだけで位置情報が送信されるため、通常の通報より緊急車両の出動が短縮できます。また、エアバッグ作動時には自動でオペレーターに接続します。

★5.ご利用にはサービス利用開始操作が必要です。

ヘルプネットご利用の流れ

SAKURAプロジェクトSAKURAプロジェクト

環境に優しく、災害に強い地域を目指す

普段から皆さんにお使いいただいているプリウス・プリウスPHVは、実は、「走る発電機」でもあります。
万が一、電気の供給が絶たれたとき、プリウスとプリウスPHVから電気を取り出すことができます。
環境に優しいだけでなく、社会にも優しいクルマ。いざという時に、みんなの役に立つ環境車です。
1台のプリウス・プリウスPHVは小さな桜の花びら。
この花びらが日本全国に桜のように花開くことで、日本を災害に強い国に。
プリウス・プリウスPHVの給電機能を全国に広め、災害に強い国を目指す。
それが、SAKURAプロジェクトです。

どこにいっても、普段と同じように家電が使えます。どこにいっても、普段と同じように家電が使えます。

クルマの新しいカタチ。それは、「移動する電力」。
キャンプやバーベキューに出かけた時だって、家電 を使って楽しむことができます。
「どこでも電気」で、あなたのカーライフをより楽しく。

料理もできるし、映像だって見れる。料理もできるし、映像だって見れる。

1500Wの最大出力*2で電力を供給できるため、炊飯器やプロジェクターなど同時に複数の電化製品*1を動かすことができます。
合計1500W以内であれば複数の電化製品*1の同時使用もできるので、普段の生活と同じレベルの電力を使用することができます。

最大電力1500Wが使用できる新型プリウス

*1 製品によっては正常に作動しない場合やご注意いただきたい項目があります。ご使用になる前に必ず取扱書をご覧ください。
*2 合計1500W以下の電化製品をご使用ください。ただし、1500W以下の電化製品でも正常に作動しない場合があります。詳しくは販売店におたずねください。
*3 一般的な目安です。製品の種類や大きさなどにより消費電力は大きく異なる場合があります。また、立ち上がり時などは瞬間的に電力を消費します。